マンノン語り

マンノンさんが適当に語るページ

マイマイ新子と千年の魔法DVD化決定

2010.04.23 Friday 23:10
 マイマイ新子と千年の魔法のDVD化が決定した模様です。正式発表は5月10日との
こと。これで勧めようにも見てもらうことができないということは無くなるようです。

(´∀`)<よかったよかった。

【DVD「マイマイ新子と千年の魔法」】
監督・脚本:片渕須直 / 出演:福田麻由子 水沢奈子 森迫永依 本上まなみ / 主題歌:コトリンゴ(commmons)
発売日:2010年7月23日(金) / 価 格:¥6,090(税込み)/品番:AVBA-29763~4/ 2枚組/映画本編(約95分)
発売元:エイベックス・エンタテインメント株式会社 / 販売元:エイベックス・マーケティング株式会社

★初回特典:スリーブケース
★初回封入特典:世界に一つ!マイマイ35丱侫ルムしおり
★永続特典:永久保存版!「マイマイ新子」絵コンテ&設定ブック
★特典映像収録
ヾ篤弔肇好撻轡礇襯殴好箸砲茲襯ーディオコメンタリー
▲離鵐レジットエンディング
メイキング映像 (,海譴泙埜譴蕕譴覆った舞台裏 ▲侫薀鵐垢任離瓮ぅング仕様映像)
じ恐荵1同覗集(未公開カット含む)
ヌじ開シーン集
山口放送特別番組 
その他、劇場予告、TV−SPOT、舞台挨拶などを収録

とのこと。DVDの売り上げしだいではBDもとなるんでしょうかね。
メイキングの方も気になるDVDであります。


マイマイ新子と千年の魔法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マイマイ新子と千年の魔法特集番組

2010.04.04 Sunday 22:07
コミックナタリーさんの記事
「MAG・ネット〜マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ〜」
http://natalie.mu/comic/news/29982

NHKBS2で毎週日曜23:50から放送のこの番組でマイマイ新子の特集が
やるらしいです。放送日は4月18日。BSが見れる人は是非に。
再放送は毎週金曜24:20よりBShiにて。23日が再放送となるようです。

マイマイ新子と千年の魔法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

シネマ・アンジェリカ

2010.03.14 Sunday 18:58
渋谷のミニシアター、シネマ・アンジェリカでマイマイ新子と千年の魔法の上映が
始まったようです。

期間は3月13日から4月2日まで。上映時間は期間によってまちまちのようなので確認
してからの方が無難なようです。夕方近辺なので早くも遅くもない、という感じでしょう
か。上映回数も1日1回だけではないようなので見やすくなってるかもしれません。

公開がシネマ・アンジェリカで行われると聞いた時に、ああ、なるほど!と一人納得
したりもしました。このシネマ・アンジェリカというミニシアターには何度か足を運んだ
ことがあります。

スタジオジブリが関係してるようで、世界の良質なアニメーションを公開するという
稀有な映画館でありました。映画感内部にジブリキャラっぽいのが書いてあったのを
覚えています。私が見たのは「王と鳥」と「アズールとアスマール」の二つ。

普通の映画館ではどうしても「観客の数=お金」が最優先される傾向があるらしく。
映画館側でこれを見てもらおう、という意思は働きにくくなるようです。マイマイ新子も
一般公開はされたものの、初日の数日の客入りだけで今後上映するかどうか判断された
らしく。後になってからじょじょに客足が伸びたとしても切られるようなってるらしい。

私の場合、物語を作るにおいて映画をいっぱい見ておいた方がいいだろう、という考えは
あるのですが、一般的な映画館にはほとんど足を運んだりはしません。見に行く映画は
だいたいミニシアター系と呼ばれるものだったりします。ミニシアター系の場合放映
する映画というものは映画館側の意思というものが見えたりします。つまり映画館側の
人間がこれを見て欲しい、と厳選して選ぶ傾向が強いということ。なので知名度が
あまりないが、良質な映画というのが集まる傾向にあるような気がします。

マイマイ新子の場合、知名度はないが良質な作品というのは見たときから思って
いました。なのでミニシアターで拾ってくれないかなぁと思ったりもしてました。
シネマ・アンジェリカはアニメ作品も多く扱ってるのでどうせならここでやってくれない
かとも思ってましたが、どうやらその通りになったようで良かったなと思いました。

片淵監督のブログに書いてありましたが、どうやらジブリ関係者の方も観に来てた
らしく。そのつてで上映が決定した経緯があるようですね。平成狸合戦ぽんぽこの
高畑さんも見に来てたらしい。

この映画を見た後、コミティアというイベントの帰りに知り合いに説明しようとした時に、
派手さはないけど良い映画。例えると宮崎駿と高畑勲の映画で言う高畑作品に傾向は
近い、と言ったりもしました。宮崎さんはエンタテイメント性が高く、高畑さんは
地味だけど丁寧な作品を作るように思っています。説明した後に、あー!と納得
してくれてたようです。その高畑さんが来た時のジブリスタッフのつてで公開が決まった
というのはなんというか「縁」というものを感じずにはいられませんでした。

この作品は幸いなことに人のつてや縁というものに恵まれているらしく。方々での
協力者がたくさん集まっているようです。見ている人は見ている。微力ながらでも
何かしてあげたいと思える作品であるのは間違いないようです。

フランスではアニメや映画に対する評価や興味も高いらしく。この作品も観客賞を
受賞しました。日本ではなかなかアニメや文化の評価というのは盛り上がらないの
ですが、もっと評価され盛り上がってもいいのではないかと思います。

マイマイ新子と千年の魔法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マイマイ新子の応援のしにくさ

2010.02.21 Sunday 16:06
 〜 マイマイ新子の応援のしにくさ 〜
応援すると書いておいて、いきなり「しにくさ」というのはどういうことだ、という
のももっともなのですが。この映画の特徴でもあると思うのでまずはこれから。

この映画。人に勧めるさいにどうやって勧めるかが問題になってきます。この映画を
見た人の感想がそれを物語っています。

いわく 「なんだかわからないけどすごくいい、泣ける」
いわく 「説明がすごい難しい映画」
いわく 「とにかく見て欲しい」

あらすじや、かいつまんだストーリーなども、うーんどう言えばいいのかわからない。
となってしまう困った映画でもあります。

なぜ説明しにくいのか?それはこの映画が様々な要素が複雑に絡みながら進行
するためだと思います。ちょっとした場面だけを説明しても、なんか違う、となって
しまうのは、様々な要素が絡み合って全体となっている。つまりこの映画の面白い
所を切り取って説明するのが困難だということだと思います。

それでも大雑把な説明をするとすると。

昭和30年代の山口の片田舎、新子は空想好きな女の子でおじいさんから様々な大昔
のことを聞く。都会から引っ越してきた貴伊子は新子と友達となり、新子には見える
様々な空想をうらやましく思う。二人は平安時代の家の跡と思われる所を見つけ
そこに暮らした人達を想像し楽しんでいた。

学校にも慣れてきた貴伊子は新子達とダム作りをして遊ぶ。そこに流れ着いた金魚
を皆で飼うことになり世話することになるが……

前半のあらすじはこんな感じでしょうか。この映画だけではありませんが数行で
説明するというのは結構困難です。なによりアニメーションならではの手法もとってる
のでそこをかいつまんで、というのも難しい。この説明は平安時代の新子達と同年代の姫、
なぎ子のことはすっぽり抜けています。

小説の要素と平行して平安時代の姫の生活の要素も同時に進行する。なのでそれほど
長い映画でもないのに情報量が多い。文章や普通の映画の場合ブロックごとにきっちり
話が進んでいきますが、この映画の場合2つのブロック(新子の話と平安の話)がほぼ
同時に進んでいきます。アニメーションという視覚の情報量だとすんなり見れる
のですが、説明するとなると文章や語りの場合、2つのブロックを同時に説明するのが
困難になります。違和感なく絡み合うというのはアニメーションならではの表現であり、
文章化するとなると難しくなる、ということだと思います。

さてどうやって人に勧めればいいか。私としては見た人が自分的に気に入った所を
説明するのが一番いいのかなとも思います。そこに別の要素もちょこっと入れとく。
説明される人が見えているなら好きそうな所を勧めておけばいいのかなと。

「貴伊子ちゃんがめちゃくちゃ可愛い。小川で足ぱちゃぱちゃやっててたまらんよ!
平安時代の恋愛はめんどくさいけど、なぎ子ちゃんならいけるね。どうよ?」

などと偏った女の子好きで勧めたり。

「古きよき昭和っていうの?ものすごく純朴でゆったりとした時間がいいんだよね。
入ったことないけど昔の映画館とか入る場面とかドキドキしちゃった!」

などと懐古趣味全開で勧めたり。

「丁寧に描写された山口県の30年代の風景とそこに生活する人々。道々に現れる牛車
やあでやかな衣装の平安の人々。新子の空想力を巧みなアニメーションで表現した
日本アニメーションの革命だね。君もアニメーション好きを自称するなら見るべきだよ。」

などとしったか口調で諭したり。

女の子好きで語ったら最後に「麦畑とか描写が半端ない」とか。懐古趣味でも「新子の妹
がウィスキーボンボンですごいことになる」とか。しったか君でも「田舎暮らしに憧れる」
とか。人が見たくなりそうな単語を付け足しておくと興味を誘いやすくなる、かもしれま
せん。

ちなみに私の場合は全部を駆使して相手に勧めまくります。相手が止めてと泣いて懇願
しても勧めまくる。あ、これじゃ逆効果か。勧める際はほどほどに(語り続ける人)

説明するのは難しいが、見ると素晴らしい作品と実感できる作品。それがマイマイ新子
だと思います。文章や映像よりも、体験することで実感できる体験型の映画とも言える
かもしれません。

全般を通しての昭和30年代の風景と平安時代の風景の美しさをアニメーションで
見事に表現し。前半部分は古き良き時代の友達との遊びを描き、後半からは怒涛の展開
で文学作品を根底にした「死」というものを考えさせる見事な文学性。これらは見て
初めて納得できるものかと思います。

見なければわからないこの作品。DVD化もされないようではあまりに不憫です。
なんとか盛り上がりこの作品が埋もれてしまわぬようにと思います。

マイマイ新子と千年の魔法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

マイマイ新子と千年の魔法 はじめに

2010.02.21 Sunday 13:51
というわけでマイマイ新子と千年の魔法。遅まきながら応援するため記事を
書いていこうかと思います。まずは先人達のページから。
 
マイマイ新子と千年の魔法 公式ページ
まずは公式ページ。様々な情報が載ってるのでまずはちょろちょろっと読むと
どんな映画か少しわかります。冒頭5分の映像などもあるのでどんなものか興味
わいたらチェックしてみるのもいいと思います。

上映環境に恵まれていない映画なのでどこで上映してるかなどの情報も
重要に。2月現在、11月から公開されてるのですが、ラピュタ阿佐ヶ谷という所の
アンコール上映も終わってしまい、関東では見るのが難しくなってるかもしれません。

*3月4日追記
3月13日〜4月2日まで渋谷にある「シネマアンジェリカ」で上映予定と
なっています。

未完の映画評 マイマイ新子と千年の魔法 まとめリンク集
マイマイ新子に関する記事のリンク集。非常に充実しているのでここから記事を
読んでいくと、マイマイ新子情報通になれるかも。

マイマイ新子公開宣伝会議 イベントリポート
マイマイ新子の映画が上映環境に恵まれていない、というのは上に書きましたが、
今現在のこの作品の状況も楽観視できる状態ではないようです。この作品の台所
事情がわかるイベントレポートです。

〜 マイマイ新子との因縁 〜
というわけでこの映画との因縁を書いておこうかと。私がこの映画を見に行こうと
思ったのは「文学フリマ」という所で監督の講演会があったから。文学作品が
この映画の原作なので「文学をアニメ化すること」についてだったようです。
運の悪いことに私がイベント当日に高熱を出してしまい、あまり無理するとやばい
状況になると思い泣く泣く聞くのを断念した経緯があります。

くやしい!と思いつつ、まずは映画を見に行くことに。12月は新宿で公開中だったので
新宿まで。この映画の上映環境が恵まれていないというのは上映時間もそうで、この時は
朝の10時過ぎの一日一回だけの公開でした。見に行った当日はなんと満席になっていて
見れず。断念しました。

DVD出たら見ることにしようかとも思ってたのですが、新宿の公開が終わっても阿佐ヶ谷
の方でレイトショーでやっていると聞き。頑張って見に行きようやく見れる、という
具合でした。どうせなら監督が舞台挨拶に来ている時にと頑張ったりしたので、監督の
話も聞けてラッキーでした。

映画は素晴らしいものなのですが、知名度が低く、上映環境もあまりよろしくない
というのが現状です。実はDVDが出たらと書きましたが、そのDVD化もあやしい事態
となってるようです。

作品としては素晴らしいものなのに、認知されずに消えてしまうには惜しい。応援したく
なる素地は充分だと思います

てなわけで私なりに記事を書いて応援しようと思います。創作小説のブログなんで
創作面での記事も書けたらなぁと思ってます。

マイマイ新子と千年の魔法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |