マンノン語り

マンノンさんが適当に語るページ

マヤ文明資料のいろいろ 1

2012.07.16 Monday 21:05
 前回の初心者向けの資料を書いたらすぐに書こうと思ってましたが遅れました。
今回は基本的な資料などを書いていきたいと思います。一度は読んだのですが
だいぶ時間経ってて忘れてしまってるかもしれないので間違いあったらご容赦
のほどを。

創元社 古代マヤ文明 著者・マイケル・D・コウ
訳 加藤奉建、長谷川悦夫

マヤ文明の研究者の中でもっとも有名人として上げられるのが、この本の
著者のマイケル・D・コウさんです。マヤ関係の本を調べてるとだいたいこの名前
を見かけるほどの有名人、かも知れず。研究者の間では「コウのマヤ第六版」として
知られるものです。日本語訳では初版以降されてなかったそうで、2003年版
のこの本が出るまでは日本語で読むことができないテキストでした。
最新の論文などは英語、またはスペイン語で書かれてるものがほとんどで
日本語テキストは基本的なものと言われるものも無いかもしれず。私のような
個人的なファン、書き物として調べる人には知りたくても知れないものでした。

訳者の加藤さんはコウのマヤ第一版を翻訳した関係でこの本も手がけることに
なったようです。共同訳者となってる長谷川さんは現場で活躍する考古学者で
マヤの知識の最先端の場にいる人ということで協力して訳されたようです。

初版から間が空いたのは色々なタイミングもあったようですが、加藤さん自身
が研究から身を引いていたからで、学術書にかぎらず本を出すというのは
色々と困難があり難しいものだと思います。日本語しか読めない自分には
大変ありがたく思います。

本の内容は第一章から第八章までは以前の版からのもので、そこから第十章まで
が追加されたもの。ただ昔書いたものも最新の学術調査にあわせて改訂されて
いるため、昔のものとはまるで別になってるそうです。

第一章 イントロダクション マヤの環境や歴史について
第二章 最古のマヤ 初期の生活や環境など
第三章 マヤ文明の隆盛 暦など
第四章 輝けるマヤ文明ー古典期前期 軍事大国テオティワカンなど
第五章 輝けるマヤ文明ー古典期後期 コパン・キリグア、ティカルなど
第六章 古典期終末期 大崩壊など
第七章 後古典期 トルテカ人の侵入とチチェン・イツァーなど
第八章 征服前夜におけるマヤ人の生活 畑仕事と狩り 産業と商業など
第九章 マヤ人の思考 神や大地、地下世界、精神世界など
第十章 永遠のマヤ 現代のマヤ人など

各ページには写真も添えられていて、中にはカラーで何ページかあります。
以前展覧会で見た現物の写真もありました(リンテル24)王と女王の石碑で
女王が舌に紐を通して瀉血しているものです。

マヤを調べるうえでは基本的なテキストと言ってもいいかもしれず。読みやすく
挿絵や写真も豊富なので古代文明ものが好きな人なら読みきれるかと思います。

新評論社 マヤ文明の興亡 著者 j・エリック・s・トンプソン
訳 青山和夫

古代マヤ文明のあとがきでも触れられている、日本の若き研究者として
あげられている青山和夫さんによるトンプソンの本の訳本。トンプソンは
古くからマヤ文明の研究をし、その成果を本にまとめ世界でも有名な人
となってました。しかしその研究成果は間違ったものも多く、それを
現代研究でわかったことを補足した上で詳細な注釈を入れたものとなっています。

昔のマヤ文明のイメージは、不思議で神秘的。よくわからないけどすごい文明。
などミステリーやオカルトなどを強調したようなイメージがついたのは
トンプソンの本によることが大きかったようです。もとより最初の研究者は
道楽で初めて、自分の考えこそがこの文明の真実!と声高らかに宣言したくて
やってた部分もあり、現在わかってるイメージとはだいぶ違うというのがありました。

しかしこういう間違ったイメージをひとつひとつ反証していくことで現代の
学説や研究は進歩してきたということです。トンプソン自身は博識で精力的
な人であったこともあって、当時その本を読んだ人は説得力の高さは折り紙つき
と考えてたのも無理はありません。

大切なのは常にそれは正しいのか?ということを検証すること。学問や学術は
それによって日々研鑽されているというのがよくわかるかもしれません。

2008年に刊行された本なので最新に近いものだと思います。何より日本語テキスト
なのがありがたいです。巻末には青山和夫さんによるまとめの部分もあり、この学問
がどういう歴史をたどってきたかがわかるようになってます。

なによりトンプソンの時代(1954年発行)にはわからなかったことが、現代に
なってどういうものかがわかってきている。トンプソンの本文の下に詳細な注釈として
載っているのが学問の進歩を垣間見るようで面白いです。

創元社 古代マヤ王歴代誌 著者 サイモン・マーティン ニコライ・クルーベ
監修者 中村誠一 訳 長谷川悦夫 徳江佐和子 野口雅樹

2002年発行のこの本は日本の研究者の中でも筆頭にあげられる中村誠一さんが
監修した本となっています。現在も現地で研究をしている第一人者と言っても
いいかもしれません。テレビでは世界不思議発見でも何度か出演されています。

私にとってマヤ文明はゲームの中が最初の出会いでした。チチェン・イツァを
舞台にした太陽の神殿というゲームでした。よくわかっていなかったマヤ文明
というものが、この本によってイメージとはまるで違うようなものだと
思わされたのでした。

日本の戦国時代を思わせるような国家の乱立と戦争。親族間による同盟。
強大な国が中小国を支配するなど神秘やミステリーとはかけ離れた現実的
な人間ドラマがあるというのは衝撃的でした。

中でも中部地域の歴史は国も多く、劇的なドラマも多いようで何があったのか
がすごく気になったものでした。石碑などからわかることも多いのですが
その石碑自体も解読が困難になってるものもあり、想像力を刺激される
のでした。

私が書いた「6の空の女王」は名前の正確な読み方が不明な女王であり、
女王自体が活躍するというのが極めて珍しいというのもあって強く心がひかれました。
この女王の時代は戦争が多く、残っている石碑から戦争の経過などが
わかる所も多いのですが、女王に関してはまだまだ謎が多いようです。

ドラマティックな展開を見せる戦争史がマヤにもあった、というのは
かなりの衝撃でした。実は6の空女王近辺の所は読んだのですが、他の部分は
まだ読めてません。書き物する時は女王以降の部分は参考にしないだろうと
そのままにしてました。補完がてら読んでいきたいと思ってます。

というわけで主要の3冊をあげてみました。創元社は色々本を出してるので
色々読んでみたいところです。先日アステカ文明の本も発見したのですが
後々買いにいこうと思ったら売切れてて残念でした。

グァテマラのマヤ文明とメキシコのアステカ文明は距離は離れていますが
お互いに影響を与えたと思われるものが多く、アステカの方も調べないと
なぁと思っていました。チチェン・イツァでも双方の文明が色濃く反映
されてるようです。

いくら調べてもわからないことが多いですが、少しずつでも理解できたらな
と思っています。

創作・資料 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://mannon333.gomeraku.hiho.jp/trackback/12

トラックバック